計画する

【何泊する?】2泊3日でディズニー満喫できる?【遠方組】

遠方組は2泊3日でディズニー満喫できる?

東京ディズニーリゾートを満喫するためには、何泊必要か?

なかなか行く機会がない遠方組だからこそ限られた日数でランドとシーを十分に楽しんで帰りたいですよね。

時間と費用が許すことなら無限に泊まりたい!ところですが、実際は仕事や学校があり難しい・・・。

3泊4日欲しいところですが、せめて2泊3日あればディズニーを満喫できると考えています。

そこで、こちらの記事ではディズニー旅行2泊3日のモデルプランをご紹介します。

遠方組のディズニー2泊3日プラン

遠方組のディズニー2泊3日プランには、ランドとシーにそれぞれ1日ずつ入園するとして、1日目と2日目に入園するパターンと、2日目と3日目に入園するパターンの2パターンがあります。

前提

・ランドとシーに
 それぞれ1日ずつ入園
・オフィシャルホテル泊
・パーク内での詳細は省く

この2パターンのスケジュールとメリット、デメリットを解説しています。

<2泊3日>1日目と2日目に入園するパターン

最初にご紹介するのは、到着日と2日目に入園するパターンです。
時間は目安としてお考えください。

1日目

9:00羽田空港到着
9:30リムジンバスでTDRへ
10:30ディズニーウェルカムセンターで、スーツケース等の荷物を預ける。
※バゲッジデリバリーサービス
11:00ディズニーシー入園
21:00閉園後、ホテルへ
21:15ホテルチェックイン
 

※バゲッジデリバリーサービスとは?

JR舞浜駅すぐ近くにあるディズニーウェルカムセンターにあるオフィシャルホテルカウンターから、ご宿泊のオフィシャルホテルまで荷物を送ってもらえるサービス。(ディズニーホテル・オフィシャルホテル・パートナーホテルのみ対応)

ソラ
ソラ
ちなみに羽田空港からTDRまでバスの所要時間は約30~60分。都内の道路混雑状況に影響されます。 

2日目

8:00朝食
(事前にスーパー、コンビニで購入したもの)
8:20ディズニーランド開園前の列に並ぶ
9:00開園&入園
21:00閉園後、ホテルへ
21:15ホテル到着
 

開園前の列に並ぶ場合は、事前に自分たちで朝食を用意しておいたほうがいいでしょう。

朝食はブッフェ形式で提供するホテルが多く、朝食に時間がかかります。

 

3日目

8:00ホテルで朝食
11:00ホテルチェックアウト
荷物をホテルに預かってもらい、イクスピアリやTDR近辺を散策
17:00ホテルから羽田空港へ
(リムジンバス)
18:00羽田空港到着
19:00空路にて帰路へ
 

ディズニーホテル、周辺ホテルから羽田空港へ荷物を届けるサービスもあります。身軽に行動したい方にはおすすめ。
但し、荷物の重量制限あり。詳細

 

到着日入園パターンのデメリット

 

初日の朝が早い
時頃に羽田空港に到着するためには、7時台あたりの始発便に搭乗します。

移動手段が自家用車以外の場合は、早朝に公共交通機関が動いているかの確認もお忘れなく。

 

開園時間に間に合わない
始発便に搭乗しても、到着が開園時間までに間に合わないケースがほとんどです。

 

コインロッカーに空きがない場合も
キャリーケースはパーク内で持ち運ぶことができません。

パーク付近の大型コインロッカーに空きがあれば問題ありませんが、確実に空いている保証はありません。

万が一預け先がない時のために、空港からホテルまで宅配便を利用、またはディズニーウェルカムセンターからホテルまで荷物を届けてくれるバゲッジデリバリーサービス付きのホテルを予約しておくと安心です。

 

到着日入園のメリット

 

ランドもシーも閉園まで満喫!
1日目は入園が遅くなる代わりに、2日間とも夜のパークを満喫!

エレクトリカルパレードや花火をはじめ、夜ならではの楽しみ方があります。

特にシーの夜景は異国情緒溢れたロマンチックで幻想的な雰囲気で、是非一度は体感して頂きたいです。

 

<2泊3日>2日目と3日目に入園するパターン

次に、到着日は終日フリー。
2,3日目に入園パターンのプランをご紹介します。

1日目

10:00羽田空港到着
終日観光

スーツケースはどうする?

スーツケースを観光に持ち歩くのが面倒な方は、空港からホテルまで荷物を当日届けてくれるサービスが便利です。受付時間や荷物の重量規制など運送会社によって違うので予めチェックしてください。

2日目

8:00朝食
(事前にスーパー、コンビニで用意したもの)
8:20ディズニーランド開園前の列に並ぶ
9:00開園&入園
21:00閉園後ホテルへ

3日目

7:45朝食
(事前にスーパー、コンビニで用意したもの)
8:00ホテルチェックアウト手続き
スーツケースをディズニーウェルカムセンターまで送る
※ステーションデリバリーサービス
8:20ディズニーシー開園前の列に並ぶ
9:00開園&入園
16:30退園
ディズニーウェルカムセンターでスーツケースを受け取る
17:00ディズニーランド前バス停留所より空港リムジンバス乗車
18:00羽田空港到着
19:00空路にて帰路へ

 

 

ステーションデリバリーサービスとは、ホテルからディズニーウェルカムセンターまで有料で荷物を届け、預かってくれるサービスです。

対象ホテル:セレブレーション以外のディズニーホテル、オフィシャルホテル

 

2日目と3日目に入園するデメリット

 

最終日は途中退園
一番遅い時間のフライトを選択したとしても、最終日は閉園まで残ることができません。
19時からのエレクトリカルパレードや20時からの花火は諦めなければなりません。

 

ゆっくりホテル朝食を食べられない
開園前の列に並ぶ場合は、旅行中の朝はバタバタしがちです。

 

2日目と3日目に入園するメリット

入園前に余裕をもてる
出発日は時間に余裕を持って動けるため、ディズニーに向けて体力を温存できます。
イクスピアリやTDR周辺を散策しても良し、東京方面を観光するも良し!

 

お目当てのアトラクションに乗れる
開園と同時に入園できるので、お目当てのアトラクションのスタンバイパスを取得できる可能性が高いです。

 

さらにディズニーを満喫したいならやっぱり3泊4日!

これまで2泊3日のプランをご紹介しました。

ランドもシーも入園する場合、どちらか一方は開園から閉園まで遊ぶ倒すことが不可能です。

せっかく行くのなら、どちらも終日満喫したい!そんな方にはやはり3泊4日プランをおすすめします。

1日目と4日目は移動日として、ゆっくり過ごすことができます。

ただし、2泊3日プランでも十分楽しめますよ。

ソラ
ソラ
何度行っても足りない!と思ってしまうのところもディズニーの魅力なんです。

実際、遠方からだと2泊3日で行く方が多数です。

 

まとめ

2泊3日で遠方組がディズニーを満喫できる?というテーマで、2泊3日プランをご紹介しました。

どちらか一方のパークは開園から閉園まで過ごすことを諦める必要がありますが、3日間あればランドとシーどちらも楽しむことができます。

コロナの影響で多くの遠方組がなかなかディズニーに行けない間に、パークも沢山のことが変わりました。

ソラ
ソラ
限られた日数でディズニーをフルで楽しむためには、入念な下調べをお忘れなく。

下の記事では、福岡発を例に2泊3日のディズニー旅行予算をご紹介しています。是非参考にされてください。

>遠方組の旅の予算はいくら?